幼少期の個性派ファッション

家族の話

息子はとにかく、赤が好きです

一番 激しかったのが3歳位

「赤いじゃないと着な―――い」

そうすると 赤い服や赤い小物ばかりを揃えて

ご機嫌で自分でコーディネートをしてお出かけなので

その姿はまるで・・・

全身!真っ赤!!

頭の先から靴まで真っ赤。もちろん、靴下やリュックサックも赤。

わーーーー すごい と親が思うんだから、他の方もそう思うんだろうな

とも思いましたが、一番大事なのは、息子が着ていて嬉しくて ご機嫌なこと

それに、全身真っ赤だと、目立って見失わないし まぁいいか

裏返しに着てるわけじゃないし と好きにさせていました。

きっと、世の中の親は 自分の子供はオシャレにさせたいし、センスの良いご両親って

褒めてもらいたいんじゃないでしょうか

けれど、そういうのを子供が好きなら良いのですが 違うのにやっていると子供が窮屈。

個性派ファッションを一緒に楽しんじゃった方が、親も楽だと思います。

特に女の子の個性派ファッションは面白いですよね

おっと!チェックに水玉をセレクトしました!!

リボンとレースのお気に入りのスカートの下にズボンを履いております。

プリンセスドレスを着ておりますが、靴はもちろん転ばないようにスニーカー!!

娘の幼少期は、親と出かける時はお母さんが選ぶけれど、それ以外は自分の好きにしていいよ

と伝えたところ きちんと聞き分けて 言うことを聞いてくれました。

子供に選択肢をあたえることが大事なんだな とその時、学びました。

今では着心地が良くて通気性が良いものなら、文句はないようです。

何故か今年の夏は、サッカーチームのユニフォームばかり着ていました。

それでも、やっぱり、赤いユニフォームが多かったです。

いつまで赤好きは続くかな??

コメント

タイトルとURLをコピーしました